ヒアロディープパッチの効果的なタイミングは夜寝る前に付けることです。

ヒアロディープパッチ

夜寝ている間にヒアルロン酸で出来たマイクロ針が皮膚で溶けて、肌の奥の角質層まで浸透することで乾燥を改善に肌トラブルの予防につなげてくれます。

 

肌に張り付ける前のヒアロディープパッチは針がとんがっている状態となっていますが、貼り付けたまま寝た翌朝には針がつぶれている状態に変化します。

 

この変化こそがヒアルロン酸が肌の奥まで浸透した証拠です。

 

また、寝る前の肌というのはクレンジングや洗顔を終えた後で余計なものが付いていない状態なのでケアアイテムに配合されている有効成分が肌に届きやすい環境になっているため、寝る前にメイクや顔の汚れをしっかり落として化粧水でケアをした肌にヒアロディープパッチを付けることで邪魔なものが少ないのでヒアルロン酸がしっかりと浸透するというわけです。

 

針なので痛いイメージがありそうですが、付け始めて10分から15分は多少チクチクしますが、針のヒアルロン酸が溶け始めると肌に馴染んでいき、チクチクが無くなっていきます。

 

チクチクするのはヒアロディープパッチが肌に密着している証拠となり、密着すればヒアルロン酸をしっかりと届けられます。

 

ヒアロディープパッチを貼ったからといってすぐにヒアルロン酸が溶けて浸透していくわけではなく、多少はチクチクすることを知っておきます。

 

ですが、針の痛みが苦手な方でも問題ないくらいのレベルで、奥までヒアルロン酸を浸透させて肌に馴染むために重要なポイントとなります。

 

ヒアルロン酸が十分に肌に浸透するまでに約5時間かかり、肌に徐々にヒアルロン酸が溶けて浸透していくことで、寝ている間にヒアルロン酸を注入して肌に補充できます。

 

ヒアロディープパッチは寝る前の余分なものがない肌につけることでヒアルロン酸が奥までしっかりと浸透しやすくするため、寝る前の肌に使うのが一番良いタイミングなのです。

 

特に目の周りの小じわ部分にヒアロディープパッチを付けてヒアルロン酸を肌に与えることで目の周りの皮膚がふっくらと柔らかくなり、肌に潤いを与え、小じわの予防にもつながります。

 

ヒアロディープパッチは洗顔やクレンジング、化粧水、美容液、乳液クリームなどで肌を整えた後に週に1回ヒアロディープパッチを貼って寝るだけという簡単な方法でヒアルロン酸を肌に潤いを与え、目の周りの小じわに効果的にアプローチできるので、目の周りの小じわや乾燥に悩む方におススメしたいアイテムです。

 

ヒアロディープパッチの効果的なタイミングは寝る前に付けることで、顔に余計な汚れや動きが少ない寝ている間にヒアルロン酸を肌に届けます。

 

ヒアロディープパッチの口コミを紹介